読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人完全理解書

「もう日本人の事で悩まない」現代日本人に悩む日本人嫌いの日本人の為の提案書

日本人の不思議「何故わざわざ階段で横に広がるのか」

 

日本で暮らしているといつも不思議に思うことがある。

俺は関東に住んでいるので、関東のことしか分からないのだが、

関東で電車から駅のホームへ降りた後は大抵、幅の広い階段を使って登ることになる。

そして皆もご存知の通り、この階段には工夫がされている。

この階段はホームへ下りる人の為のスペースと逆に上へ登る為の人のスペースが分かられているが、大抵は登る人の為のスペースが広めに仕切られている。

 

不思議なのは、日本人というのは電車からホームへ居りた後、階段まで歩くスピードは人それぞれなのに、一部のとても急いでいる人を除いて、階段に足をつけた瞬間みんな同じスピードで上り始めるのだ。その前に、もっと不思議なのが、階段の所まで辿り着くと急いでもいない人々が何故か、横に広がってあんだけ広い階段の横幅を埋めてしまうのだ。つまり、後から階段に辿り着いた人々は、嫌でも先頭をのそのそ歩いている彼等のスピードに合わせないといけないのだ。

 

日本人がよく言う屁理屈としては、階段を急いで歩くのは危険だとかなんだとか。

しかし、人間というのはそもそも皆体の大きさも違うし、同じ身長でも歩幅も違えば、そもそもとしての歩くデフォルトのスピードも違うのだ。つまり、階段だって個人によってデフォルトの登ったり下りたりするスピードも違う。それから、ちょっと急いで歩いたとしてもそれほど危険でもない。

 

とにかく、何故「階段で横に広がるのか?そして同じスピードでのそのそ歩くのか?」

これが不思議でしょうがない。

 

何故【わざわざ】横に広がるの?

これはどう考えても自分の事しか考えていないというより、何も考えていない証拠だ。

後ろの人の事などどうでも良いのだ。

自分のスピードが正しく、絶対であると潜在的に思っている証拠なのだ。

 

是非、読者の皆さんに今度電車を利用する時は、この階段を登る際の日本人を後ろから観察してみて欲しい。

 

彼等はわざわざ横幅にビッシリ広がって、多少スピードが速い人や急いでいる人にスペースなどは少しも空けないのである。

 

 

よく日本人の「マナー」について話題になると電車を待つ時に綺麗に並んでいることが取り上げられるが、あれは本当のマナーではなくただの決まり事だ。逆に言えば、ああやって決められた赤ちゃんレベルのカラフルな線が引いていないとカオスになるという証拠である。マナーが無いからこそ、ああやって決まり事やルールを設置しないと他人と共存して社会は成り立っているという配慮ができないのだ。

 

そして面白い例は、終点駅のホームでまだ電車が来ていなく、人も別に多くなく、さらに多くなる見込みは無いにも関わらず一部の人は奴隷が餌を待つようにその線にそって並んでいたりする。まあ、どうせ立って待つなら最初から並んで待つというのは確かに良いと思うのだが、はたからみるともっと自由に生きられないものかと思うものである。そういう些細なことにいかに日本人がそういうものに染まって疑問に思わなくなっているかが現れているように思う。椅子だって空いているので座って待つこともできるしな。まあ、よっぽど一番に自分の好きな席に座りたいのだろう。

 

 

今回の記事で一番伝えたかったのは、駅のホームから登る階段で日本人がとる不思議な行動についてだ。何故わざわざ横にびっしり広がるのだ。

 

これも家畜の性質なのだろうか。

言い方はキツいが、動物に見えなくもない。

 

 

もちろん都心などでよっぽど混雑している場合の話ではない。

いや、この場合も少しは当て嵌まるのか。

 

 

以上。