読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人完全理解書

「もう日本人の事で悩まない」現代日本人に悩む日本人嫌いの日本人の為の提案書

このブログの理由

何故、俺がこれまで日本人や日本国の特徴について語ってきたのか...

 

それは、

日本人でありながら、日本国や一般的な日本人に悩んでいる人に「彼等の仕組み」を知って欲しいから。

 

仕組みを知ることで、期待しなくなる。

期待しなければ、ストレスにもならず、悩むことも無い。

 

悩んだり、ストレスになるのは、正体不明に何かが切っ掛けで自分の中で結論を出せないでいるからだと思う。

 

パズルのピースが足りなくて、思考回路が詰まっている状態。

 

しかし、仕組み、システムが分かっていれば、実際にそれが自分の生活で起きた時に、何も不思議がることはないだろう。「ああ、やっぱりね」と論理的に脳内で辻褄を合わせることができる。

 

簡単に言うと現実で起きてる事を情報空間でありのまま観れると云うことである。

 

視覚情報だけでなく、体系的な理論として日本人や日本国を知性的な次元で認識できると云う意味だ。

 

 

 

もちろん、現実をしっかり認識し、理解したら「次の行動」つまり「対応」に移らなければならない。

 

 

これも以前書いた。

 

 

対応するしかない。

 

 

海外移住もよし。

国内で自分なりの生活を確立するもよし。

 

 

 

言ってみれば当たり前のことしかない。

 

 

ただ、普通の日本人と関わっているとその「当たり前の事」が観えなくなってしまうだろう。

 

人間として生きると云う、当たり前のことが。

 

 

 

この「対応」と云うのは、長期的視野や規模の大きな意味でもそうだが、

日常の中で一般的な日本人と関わる時の接し方もそうである。

 

しっかり、自分の目的や目標を理解した上で対応しなければならない。

対応というのはなにも「受け身」と云う意味ではない。

相手の攻撃を受けてから反応すると云う意味ではない。

 

システムやステージ、つまり環境とそこに生息する生物の特徴や仕組みを理解した上で、その環境に適した効率の良い方法で自分の人生を生きる、という意味だ。

 

「自分の人生を生きる」と云う部分が非常に大事だ。

何故なら普通に生きていたら、これは人生の随所でじわじわと奪われるからだ。

 

 

 

まあ、もう言いたいことはだいたい言ったし、

もう良いだろうか。

 

 

結局、自分で向上心を持って勉強したり、行動しない人は、救えないのだから。

 

みんな、自分を救おう。

まずは自分の為に生きることだ。

 

俺だけでなく、きっと多くの人は「人の為に生きることが素晴らしい」と言われて育ったのではないだろうか。それが潜在意識に擦り込まれると人生がおかしくなる。

 

先ずは自分の為に生きた方が良い。

断言する。

 

その方が結局人の為にも成るからだ。

 

自己が中心になるのも当たり前だ。

それが人間の本性だからだ。

むしろ自己が中心になっていない人間はかなり怪しい人物だと思う。

それは人として不自然だからだ。

 

人はどんなに客観的になろうとしても、それは結局、自己からというホームから発せられるものだ。

 

それは悪いことではない。良い事だ。

何故なら、それこせが個性であり、

人間それぞれの存在する意味と意義だからだ。

 

 

正直に言うが、

日本にはおかしな意味の言葉が溢れている。

馬鹿な芸能人やらが作ったアホな概念も溢れている。

それを皆、気軽に遣っている。

 

 

しかし、言葉は思考に影響する。

そういうおかしな言葉を気軽に使っていると、自分が気付かないうちに自分の思考やIQに影響する。

 

 

だから、どんな言葉を使っているか、気をつけて欲しい。

 

食べ物だってそうだ。

販売されているからと何でも気軽に口に入れてはいけない。

 

 

全部そうなんだよ。

音楽もそう。

 

 

気軽に何でも呑み込んでいると、文字通り糞みたいな人間になる。

しかし、その糞性が社会に合っていると、それなりにある程度の所まではうまくいくから人々はそれに乗ってしまうのだ。

 

 

まあ、この辺は価値観の違いだろう。

 

 

綺麗で人格の整った人間になるには、

自分で何を取り入れるのかしっかり理解していなければならない。

 

 

野生の動物こそ、食べる前に鼻で匂いを嗅いだりする。

 

 

人間や人間に飼われている動物は、なんでもガブガブ食べてしまう。

 

 

 

情報も。

 

 

 

まあ、そんな感じだ。