読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人完全理解書

「もう日本人の事で悩まない」現代日本人に悩む日本人嫌いの日本人の為の提案書

日本のあらゆる問題が解決しない理由はコレです。

日本のあらゆる問題が解決しないのは:

 

解決しようとしていないからです。

つまり、何もしていない、何もしないからです。

 

どういう事かというと、問題をそもそも認識していないのです。

何が問題なのか分かっていないのです。

その本質がどこにあるのかも理解できないのです。

全く違うところを見ているのです。関係無いところを。

 

そして日本人は「気分の問題」だと考えるのです。

例えば、こちらが「こういう問題があるから、ここを改善して欲しい。」

と言っても

「そうですね、貴方の気分を害してしまってごめんなさい。今後ともよろしくお願いします。」

と返答するのです。

 

分かりますか?

全然関係無いところを見ているのです。

 

日本の謝罪記者会見とかもそうですよね。

あんな上辺だけのお祭りをやるのは日本人だけです。

そして、あれは大企業が有名人のものだけではなく、日常で庶民もみんなやっているのです(笑)

 

 

気分の問題だと思っているんですよ。

だから、論理的に、具体的に、物理的に問題があっても、そこは盲点になって見れません。だから話も通じません。それで、なかなか話が通じないと思って、どうしたらもっと伝わるだろうと工夫して一所懸命説明しようとすると、今度は「しつこくて、面倒くさい人」だというレッテルを貼られ、最後には逆切れされるだけです。

 

 

気分の問題ではないという事が理解できない人種です。

その時、その時で、相手の気分を落ち着かせれば良いと思っているのです。

 

例え、簡単に解決できることでもですよ。

やらないんですよね。

 

本当の解決に向けては、一歩も踏み出さないんです。

なんという怠け者なんでしょう。

短期的視野しか無いんです。

 

 

 

日本人の眼中にあるのは表層的な事と気分だけです。

だから、例えどんなに貴方が感情的になって怒りながらも、正しい事を言っていたとしても、日本人は「気分や感情」に着目しますから、貴方の発言は耳に入りません。ただ貴方が凄く怒っている、という風にしか見ません。「なんか怒ってる人」で終わりです。

 

 

問題を解決する意志なんて全く無いのに「世界平和」とかを安全な島国から願っちゃうのが現代の日本人ですからね。

 

 

 

基本的に日本人は人の話を聞かないんですよ。

会話にならないのもこれが理由です。

そして聞かない理由は、傲慢だからです。

 

 

大事な話をします。

問題がある時に一番大事なのは何だと思いますか?

俺が思うに、同じ問題を繰り返さないことです。

問題の原因を突き止めて、改善することで、もうその同じ問題が二度と発生しないようにするという意味です。

それが「問題解決」だと思います。

 

問題があると人間の感情が動くのは付き物です。

でも、これは問題の本質とは全く、もしくはあまり関係ないものです。

何故なら、問題の原因が改善されれば、そういう感情になる人はもう今後もいなくなるからです。それが「進歩」ですよね?

 

でも、日本人のやることは違います。

問題の原因を突き止めません。

改善もしません。

そもそも、問題がどこにあるのかも理解しません、できません。

で、何をやるかというと、

相手の気分を落ち着かせようとする事と

屁理屈を並べる事です。

あと「謝る」ことです。(上辺だけ。)

いかに自分が悪くないかを力説します。

こちらに証拠があり、その証拠を顔面に提示してもです。

無効です。

 

謝って欲しいんだと勘違いしているのです。

問題を解決したいから、向き合っているのに、ただ「怒っているしつこい人」としてしか見られません。日本人にはこの「人と向き合う」という概念も価値観も全くありません。

 

「謝って欲しい人」という風に見ているので、とりあえず彼等はぺこぺこ謝ります。

それで問題が解決すれば良いんですけどね(笑)

それで問題は解決されないという事が理解できないみたいです。

 

 

 

人間的な「意味」のある建設的なヤリトリができると思ったらがっかりするだけです。

期待するだけ無駄なのです。

 

 

上辺だけ「お祭り」をして、

何も変わらない、同じ過ちを繰り返す日常が好きな人達だからです。

 

だから、彼等の相手をしなくても良いような生活を目指すべきです。

それが豊かな人生に繋がります。

向き合って、問題が解決したりすると思ったらたくさんの時間を無駄にします。

 

自分の人生を大切にしましょう。