読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人完全理解書

「もう日本人の事で悩まない」現代日本人に悩む日本人嫌いの日本人の為の提案書

なぜ日本人は英語の辞書を引かないのか?

前回の記事で日本人が間違った英語の綴りで単語を書くことを「スペルミス」と書きましたが、この単語は少しニュアンスが違うと今日思いました。

 

スペルミスは、スペルのミスのことですが、このミスというのは「うっかり間違えてしまった」というニュアンスがあるように思います。

 

しかし前回の記事で私が言いたかったことは、日本人は例えば焦って書くことで「うっかり間違えてしまう」のではなく、そもそもとして「無知+傲慢」だから間違えを続けてしまうのだという事です。

 

結果として同じ「スペルミス」でも、その原因が全く違うと、問題の趣や深刻さも違ってきます。

 

探せばいくらでも出てくるでしょうが、今私が少し考えて思い出せるのは、例えば:

・先年、パリのライブハウスでテロ事件が起きた時に大勢の日本人はSNSなどで「play for paris」と書いていました。これはどう考えても「焦って書いたからうっかりミスした」のではなく、そもそもとしてprayとplayの違いすらよく分かっていない知性レベルであることが露呈した事例です。

 

他にはSNSで数万人のフォロワーを持つある日本人はタグの中に「fanny」という言葉を入れていました。「funny」と書こうとしたのでしょう。しかし、このfannyというのは俗語で「尻」を意味したり、また女性の性器を意味したりします。

 

恥ずかしくないのでしょうか?

 

個人がプライベートでテキトウにやっているのならまだ「まあいっか」と思います。しかし、仕事に関する情報発信やホームページ、広告、商品、などでこの様な「スペルミス」をするのは、日本人には「恥」という感覚が無いのだと思います。

 

「日本は恥の文化の国」だとか言ったりしますが、そもそもこれは誰が言い始めたのでしたっけ?まあ、ともかく、現代の普通の日本人にはこの「文化」はどうみても無いです。ありません。皆無です。

 

そうそう、数年前だかのニュースになっていましたが、日本人が社員旅行で海外に行き、浜辺で裸になって馬鹿な踊りをしていて、現地の人に注意されたとか、なんとか、そういうものがありましたね(笑)

 

恥の文化ねぇ...

謙虚ねぇ...

 

 

もちろん、日本人全員がこうだと言っているのではありませんが、多くの日本人の広い意味での知性や人間性はこのレベルまで来ているのだという事実があるのです。

 

 

普通ね、分からなかったら念の為、辞書を引きますよね。

例え分かっていても自分の母国語ではない言語を大事な所で使用する場合、念の為に調べませんか?私は調べるんですけどね。

 

今はもう連絡がありませんが、昔スウェーデン人の女性とネットで少し仲良くしていたことがありまして、彼女は日本のアニメを見て日本語を話せるようになったと言っていました。他に韓国人女性のネット友達もいまして、独学で日本語を学んだと言っていました。ヨーロッパではだいたい皆2、3カ国語は喋れたりします。ちゃんと勉強している人は4カ国語を喋れたりしますが、これが普通です。

 

日本人は、英語すら駄目駄目で、prayがplayになって、funnyがfannyになるレベルなんですね。立派な大人がですよ。子供の話じゃないですよ。

 

そして日本人のそこそこ頭が良い人達でさえ、日本人に英語は必用無い、必用に成ればどうせ出来る様になるとか言っている始末です....

 

 

どうです?これ?

 

正直、俺も英語は得意ではありません。

でも少しは理解できるし、少しは書けます。

文法が間違っていてもお喋りできますよね。片言でも。

それから、不安な時は本題の辞書を引きます。

 

 

英語が流暢に話せなければ駄目という話ではないのです。

何故、知らないくせに、分からないくせに、辞書を引かないのか、

という事です。

 

 

fannyとか言っていて恥ずかしくないのか...

純粋に。

 

純粋に不思議というか、「ああぁ.....」という感じです。