読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人完全理解書

「もう日本人の事で悩まない」現代日本人に悩む日本人嫌いの日本人の為の提案書

日本人が会話ができない理由1

その理由のひとつは、思い込みが激しいからです。

つまり、妄想です。

論理的な想像ではありません。

自分の立場や都合しか頭に無いのです。

 

 

だから例えば、

・例1:電話で◯◯さんはいますか?と聞くと「今日は休みでいません。◯◯さんに繋ぎますね。」と頼んでもいない迷惑な勝手な判断をしたりするのです。会話ができれば、「代わりに◯◯に繋ぎますか?」と聞きかえすことができたはずです。でも、妄想が激しいから、「この人はどうせこうして欲しいんでしょ。私は空気が読めるから、そうしちゃおうっと」ってなるのです。

 

・例2:お店で、店員に俺が商品について質問する。すると本人は分からないので「社員に聞いてきますね。」と勝手な判断をして、すぐに店の裏に消えてしまう。そして俺は待たされるはめになる。会話ができれば例えば「社員に確認してきてもいいですか?」とか、相手との都合を確認し合うことができるはずです。でも、日本人は俺が言ってもいない、頼んでもいないことを勝手に思い込んで「きっとこうして欲しいんだ。」とか「きっと私はこうしなきゃ駄目なんだ」と落ち着きの無い行動で、勝手に動いてしまうんですね。全くコミュニケーション、相手とのヤリトリが出来ない証拠です。

 

これは、日本の会社や国全体の風潮が強要しているからこうなってしまうという側面もあります。例えば社員は「分からない」と答えられないのですね。だから仕方なく噓をついたりするのです。例えば、商品の在庫の確認ができない場合「無い」と噓をつくこともあるのです。「無い」と言われた商品が実際には店にあるという事もよくあるのですね。これは、日本人がいかに言語の表現力が無いか、そして思考力が無いかの現れです。

 

日本人は「察することができる」と思っているが、実際には俺の考えていることなど全く察することなどできていないのです。

 

そして、日本人は会話がちゃんとできれば、どれだけ無駄なストレスを生まなくてもいいのか、そして、それがどれだけ豊かな社会の実現に直接繋がるのかという事を全く知らないのですね。そもそも、人類として言語で会話をするというのは、普通の21世紀の文明人なら当たり前のことのはずなんですけどね。それができないのです。だから日本が先進国とは言えません。

 

日本の女は得にそうです。前回の記事で書いた問題も、日本の女がコミュニケーションがとれないから起こったのです。

 

昨日も電車に乗っている時に印象に残った光景がありました。電車内は人がいっぱいいる時間帯でしたので、座っている人達も肩が触れてギュウギュウでした。俺が立っている前には中年の男女が座っていました。女は読書に夢中でした。男はサラリーマンのようで、体がやや大きかった。ある瞬間にその女は肘を強く男にぶつけました。わざとなのか、たまたまなのか分かりません。数秒しても女は何も言わないので、男は「痛いんですけど?」と言いましたが、女はびびっているのか、必死に無視して読書を続けました。男はあきれて、イライラしたようでした。

 

本来なら、女が「ごめんなさい」とか「すみません」とか一言いえば良いだけだと思うんですが、ちょっと口を開いて人とコミュニケーションをとることすらできない馬鹿女が日本にはたくさんいます。俺の職場にもいます。そして、彼女等は自分の頭の中だけで、勝手に妄想して、人を決め付けて、逆切れするんですね。

 

例えば、この電車のエピソードでも、もしかしたら男も何か悪かったのかもしれません。でも人間はエスパーではありませんので、他人が何の頭の中をのぞけるわけではないんです。大人なら普通にコミュニケーションをとれば良いだけなのです。

 

でも日本人はそれができないんですね。特に若い女。

 

勝手な思い込みを抱き、そして我慢できなくなった時に勝手にキレるのですね。

文明人なら、そうなる前に会話すれば良いだけなのですがね...

猿にはできないようです。

そして、そうなる前に、男側がなんとか会話をしようとしても、女はそれに応えないで、自分の都合だけでテキトウにあしらうのです。

そして男がキレたらびっくりして、目を点にするのです。

そして、男に向かって、もっと穏やかになろうとか、ほざくのですね。

 

つまり、彼女等は自分の都合しか見れていないという証拠です。

 

 

 

今回は、日本人が何故会話ができないかという理由のひとつに

・思い込みが激しい

・妄想が激しい

・自分の都合しか見えない

 

という事でした。

つまり幼稚ってことですかね。

 

逆に言えば、こうだから幼稚だと言えるのです。

 

議論どころじゃない、会話も駄目。

会話どころじゃない、言語そのものも駄目になってます。

 

これってそうとう「ヤバイ」ことです。

人間であると言えなくなります。