読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人完全理解書

「もう日本人の事で悩まない」現代日本人に悩む日本人嫌いの日本人の為の提案書

日本人の発言に意味は無い。

日本人の「言語障害」に関することですが、日本人は「意味」とは何なのかを知らない、もしくは忘れてしまった人がほとんどになってきました。

 

それがどういう表層的な部分に現れるか、具体例を少し出してみます。

例えば「憧れます!」と気軽に言う人が大勢います。

実際に、彼等は本当の意味で憧れているわけではありません。

「うらやましい」の「妬ましい」に近い意味で言っていたりします。

もう少し分かり易く解説すると、「私は何もしたくないけど、いきなりその状態になれたら良いな。」という意味だったりします。しかし、本当によくその人の内情や潜在意識を探ってみれば、本当はそうなりたいとは思っていないはずです。

 

日本のコミュニケーションにおける文化は「察する事」だったり、「建前と本音の使い分けだ」と主調する人はほとんどでしょう。しかし、実際には本人達こそ「建前と本音」を使い分けられていなく、言葉を雑に扱うことに慣れ過ぎてしまって、本当の「意味」を失っているのです。基本的に人間は言語で思考するので、その言語の意味が曖昧になってしまったり、抜けてしまうと、思考すらも徐々に雑なものになっていきますが、この変化というのはどちらかと云えば、遅いものだから、長期的視野が無い彼等にはそれが分からないのです。

 

一度、振り出しに戻って日本人の言動を観察してみて下さい。彼等の発言には99.9999%「意味」というものが含まれていません。しかもそれを「文化だから」という言い訳で問題視せずに、放置していますから、日本人同士で上手にコミュニケーションが実は取れていないのです。しかも、気分主義が加わりますから、以上のことが理由で生じる問題に気付かず、より低レベルな「会話」になっていくという現象がおこります。そして「ヤバイ、カワイイ」などのどんな意味でも当て嵌められる言葉を使うように実際になりました。これは、動物の鳴き声と同じです。声のトーンやその表情、また顔の表情や体の態度で表現し、言葉そのものではあまり意味を表現しなくなっているのです。しかし、元々日本人はジェスチャーがあまり使えるわけではありませんから、結局、聞き手も深いところでは相手がどう思っているのかよく分かっていないのです。

 

日本人は、その時相手の「気分を害さない」ことや「迷惑をかけない」ことに重きをおきますから、とりあえず取り繕うわけですが、それがいつしか相手を騙すことになり、相手と正面から誠実な心で向き合っていないということに気付いていません。

 

日本人の会話や全般的な人とのコミュニケーション、つまり総合的な人間関係には「意味」のヤリトリが無いのです。

 

その時だけ「そうだよね〜」と相槌を打っているだけです。本人は分かっているつもりになっていますが、最初に説明した「憧れます!」と同じように、実際には憧れていませんし、分かってもいないのです。「尊敬」とかもそうです。

 

たしかイソップ物語にいつも噓をつく少年の話がありましたね。噓ばかりつくから、誰も信じなくなるわけです。日本人がやっている建前も同じようなことです。本来、敬語や礼儀作法の御辞儀などは「効力」というものがあったのです。しかし、それらを日本人が全員で「効力の無いもの」にしてしまったのです。ただ、形だけ。しかし、その形だけで満足する人が増えたんですね。無意味で空っぽなものでも、無いよりあったほうがましだと言うわけです。

 

以上にざっくり説明したように彼等の発言に意味が無いのもそうですが、彼等は相手の発言の意味、内容を読み取ることももちろん出来ません。本人が無いもの、知らないものを他人から読み取ることなんて出来るわけが無いのです。つまり、これは「誤解」が生まれる現象の仕組みです。

 

相手の言わんとしている意味を読み取らないから、言葉だけを自分の都合で自由自在に歪曲して解釈するんですね。しかも、噂好きの日本人ですから、すぐに独自の歪曲した解釈を周りに言いふらすわけです。こういうところも日本のよくある問題が生まれる仕組みと原理です。これは、週刊誌の特徴と似ています。「あるコト無いコト」を勝手な解釈で書いちゃって、それで全国にバラまくわけですね。大分、悪質な行為ですが、彼等の「論理」としては「そんな悪い解釈をされる本人が悪いのだ。」と云う感じです。だから、いじめられる人が悪いとか、AV強制された女性本人が悪いとか、戯れ事と屁理屈を並べ始めるのです。こういう「論理」の思考をする人が多い現代の日本人ですから、そりゃ、まともな論理的思考で向き合ってもあまり意味が無いんですよ。論理が効力を持つのは、相手も少なからず論理的に思考ができる場合ですよね。だから説得できるわけです。しかし、論理が無い一般的な日本人は、屁理屈や妄想で対応しなければなりません。彼等が妄信しているいくつかの「モノ」がありますからね。このブログではそういう彼等の思考回路の仕組みを説明してます。それを逆によく理解して、相手に対してこちらも「使う」のが良いでしょう。

 

 

まあとにかく、彼等には「意味」がありませんから、それを理解しておけば「何かおかしい」という疑問が湧いた時に、自分を無闇に責めなくて済むと思います。

意味が無い人達の発言は、気にしなければ良いだけですから。

 

口が軽いんですよね、彼等って。

しかもテキトウ。