読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人完全理解書

「もう日本人の事で悩まない」現代日本人に悩む日本人嫌いの日本人の為の提案書

現代日本人の精神構造:若年〜中年層:現代の日本人が染まったもの。

現代の一般的な日本人はほとんど以下のモノに染まっています。

・テレビ

・お笑い

・ギャル

2ちゃんねる

・アイドル

・漫画(アニメ)

・ゲーム

 

 

先ず前提を説明します。

「普通の人間」と「一般的な日本人」には多少の違いがあります。

普通の人間であれば、年齢が上がるに連れて多少なりとも知識量と知性の向上があります。それはつまり、成長の過程で自己と云う人格が形成され、独自の価値観が明確になっていくと云う事でもあります。そしてそれは各々の人生の中で集めてきた様々な情報から何を取捨するかと云う意味です。こうやって唯一無二の「個人」に成っていきます。そしてこれをレベルの高い次元で成した人間を「人格者」と呼ぶのです。

 

一方、一般的な日本人の場合は以上の人間らしい過程がありません。先ず、情報が知識に転換しません。情報はレッテルや決め付け、偏見の裏付けとして利用され、元の情報は消えます。次に、情報が正しく転換されない為、必然的に知性は向上しません。ただ固定観念が増えていく為、人間らしさの根源である知性は逆に低下するとも云えます。そして、人格や個人は育っていかないのです。日本人がミーハーで成る仕組みはこういう構造が原因です。

 

さて、本題に入ります。

今回のテーマで大事なキーワードは「取捨」です。

「人間」は成長過程で取捨するのですが、「日本人」は取捨しない、できないのです。取捨ができないと最初の段階で手入れた物がベースになり、知性が代謝しない為、成長しないのです。つまり、幼少期に入手したモノがいつまでもベースになります。それが代謝しないため、年齢が上がっても幼児性は残り、またそれが大人らしさを取り入れる事を妨害します。

 

最初に列挙したモノが正に幼少期に多く触れるものです。

今の時代は少年層もネットに気軽に触れますから、2ちゃんなどの影響は強いわけです。

 

日本の現代女性の特徴に於いては、人昔前はサブカルチャーの様な位置付けの「ギャル」でしたが、今はほとんどの女性がこの「ギャル性」に染まっています。それは見た目の話ではなく、脳や精神構造、思考回路、などの事です。不良女子高生がそのままの延長で年齢だけ大人になったようなものが現代の日本人女性の特徴です。だから言葉遣いや思考パターンがギャルそのものなのです。これはどんなタイプの女性でも多かれ少なかれ染まっている要素です。

 

多くの日本のサブカルチャーだったものは、現代では混合され、特に表層的な悪い部分だけが残っていると思います。

 

オタク文化などでも、昔の漫画やアニメの方が大人っぽいモノが今よりは多くあったように思います。現代では「甘味」だけが過剰に足され、知性的な部分は低下していった末の作品群が生産されているのではないでしょうか。また、現代のオタクというのは本当にマニアックな人はあまり居らず、ただ暇を持て余して漫画やアニメばかり観ているだけなのではないかという印象があります。だいたい「詳しくないですけど〜」の様な、堕落と言い訳を前提にした姿勢で生きている人が多いように思います。

 

さて、この様に最初に列挙したものが混合され、その良い部分は排除され、悪い部分は増幅されると、当然ですがそれらの要素以外の領域で影響は広がって行くのです。

 

例えば、現代の日本人が「絵を描く」と言えば、ほとんどの場合「アニメっぽい絵」を描くという意味になります。

 

 

 

 

少し長くなってしまうので結論に移ります。

問題なのは、以上の様な物に染まってしまうと、そういう人間になってしまうわけですから、日常、生活、人生のあるゆる側面でその影響が出るわけです。そして、それが大人数、いや、大衆、国民のほぼ全てとなると、文化面や文明面、国の在り方そのものに影響していくわけです。

 

例えば、芸術に於いては「アニメチック」な方向に進んでしまうわけです。

音楽もそうです。

普段に人間関係に於いては、女性はギャルで、男はオタクみたいな関係になります。

 

 

 

まあ、とにかく、

日本人を観察してみてください。

だいたい最初に箇条書きしたモノにバランスは違えど、日本人は染まっています。

 

会話や人間関係においては、もはや「ボケとつっこみ、オチ、ネタ」が無いと駄目だと考える人がほとんどになっています。日本人の言語障害精神障害とも言えるまでのレベルの問題は以上の様な影響が原因です。「面白ければ良い」「可愛ければ良い」と軽率に考えてきた結果、我々の国はもうすぐ滅ぶ所まで来たのですが、それでも彼等は未だにヘラヘラしているわけですから、彼等がいかに日本国をどうにも思っていないのかがよく分かります。それなのにやたらと「ニッポンのホコリ」だとか「大和魂」だとか云うカッコイイ・キーワードは大好きで、連呼するのです。

 

 

 

以上の事がほとんどの日本の低レベルな問題に少なからず影響しているのです。